法政大学 生命科学部

【研修会の参加者募集】ウイルス病の簡易診断技術研修のお知らせ

法政大学植物医科学センターでは、広く一般の方々を対象に病害虫の診断・同定に関する研修会を開催しております。
 今回は、農作物の生産現場で発生する植物ウイルス病の簡易血清診断技術及び透過型電子顕微鏡によるウイルス粒子観察を対象とした講習会を開催致します。研修会では、植物ウイルス病の発生要因などの一般的な知見に加え、病徴観察のポイントや発見時の対処法等、生産現場で活動される普及員、防除所職員および営農指導員等を対象とした研修を行います。

実施日時 9月19日(水)午後1時00分〜午後5時00分(受付開始12時30分)
場 所 法政大学植物医科学センター
東京都小金井市梶野町3丁目7−2 法政大学小金井キャンパス東館5F
JR東小金井駅下車徒歩15分、京王バス・CoCoバス利用で5分程度)[地図
受講人員 20 名(申し込みの先着順)
参加費 4,000円 ※参加費は当日受付にて徴収します。現金でお持ち下さい。キャンセルは9月12日(水)までにご連絡下さい。
テーマ 植物ウイルス病の簡易診断技術研修
内 容 1.生産現場に即した血清診断法:イムノドットブロットをベースに、生産現場におけるサンプリング方法とその後の血清反応手順を実習する。
2.電子顕微鏡によるウイルス粒子観察:ウイルス感染ランを材料に、ダイレクトネガティブ法を用いて透過型電子顕微鏡によるウイルス粒子を観察する。
※班(5~6名)ごとに院生・学部生がティーチングアシスタント(TA)として介添えします。検査等の実技が初めての方も安心してご参加頂けます。
講 師 津田 新哉 教授
鍵和田 聡 専任講師
申込み 必要事項(ご所属、お名前、E-mailアドレス)を記入のうえ、
pv_program [at] ml.hosei.ac.jp([at]を@に変えて送信ください)
まで、電子メールにてお申し込みください。
*複数名ご参加される際は、おひとり1件ずつお申込みください。
申し込み締め切り日は 9 月 5 日(水)
お申し込み後に確認メールをお送りします。以降、ご連絡はメールで行います。
お申込みは先着順となりますのでご了承ください。
お知らせ ①5~6名の班を構成します。班行動を行いますので、個人的な行動はお控え下さい。
②傷害保険等には加入しませんので,研修中の事故については各自で対応をお願いします。
③大学を会場としていますので、他の授業等への妨げとなる行動はお控え願います。
④実験室は飲食・喫煙禁止です。飲食喫煙は決められたコーナーでお願いします。
⑤9月12日(水)以降のキャンセルや当日の無断欠席は準備に多大の支障を来します。運営にご協力ください。
お問合せ先 法政大学 生命科学部 植物医科学センター 事務局
E-mail: pv_program [at] ml.hosei.ac.jp([at]を@に変えて送信ください)