法政大学植物医科学センター » 「植物のお医者さん~身近な植物病原菌を観察しよう in 法政大学(2017)」 を開催しました

「植物のお医者さん~身近な植物病原菌を観察しよう in 法政大学(2017)」 を開催しました

2017年8月4日(金)に、中学校・高校の理科教員を対象とした研修会「植物のお医者さん~身近な植物病原菌を観察しよう in 法政大学」を開催しました。

首都圏を中心に、遠くは長野県、群馬県などから24名の先生方に参加していただきました。模擬授業では、中高の教科書で扱われることが少ない植物の病気について、具体的な例と、世界の食料問題への影響などについて学びました。また、実験では、身近な植物の病害サンプルを顕微鏡観察し、学校で応用できる病原菌の観察方法などを体験していただきました。

受講された方からは、「植物病の歴史的なところから広く理解することができた」、「授業力の向上に役立った」、「生物部の材料につかえそうだった」などのご感想をいただきました。

今回の研修会がご参加いただいた方々の教育指導の一助となれば幸いです。ご参加いただき、誠にありがとうございました。

センターでは今後も様々な研修会を開催予定です。ご興味、ご関心をお持ちの方はお問い合わせください。

顕微鏡を用いた観察 電子顕微鏡を操作する参加者
顕微鏡を用いた観察 電子顕微鏡を操作する参加者